自分の書き込みを削除したい方へ

  • 2ちゃんねるに書き込みをしてしまったけれど、やっぱり削除したい!
  • 自分で書いた内容を削除するにはどうしたら良いのか?
  • 自分で書き込んだ内容によって相手から慰謝料請求される可能性はあるのか?

2ちゃんねるなどのネット掲示板に投稿してしまった後、「やっぱりやめとけばよかった」と考えるケースがあります。自分の書き込みを削除できるのか、その方法を解説していきます。

 

1.ネット上で誹謗中傷すると特定される可能性がある

ネット上では、ついつい筆が滑って画面の向こうの相手に対し、必要以上にきつい言葉を投げかけてしまうことがあります。

しかし行きすぎた表現をすると「誹謗中傷」として違法行為になってしまいます。

匿名で投稿していても、相手が本気で「発信者情報開示請求」などの手続きをとれば、こちらの氏名や住所などの個人情報を知られます。すると慰謝料などの損害賠償請求をされるでしょう。

また相手に関する情報だけではなく、ネット上に自分自身の個人情報を書いて後悔するケースもあります。

こうした情報が拡散される前に、自分で書いた不用意な投稿を削除させるべきです。

 

2.サイト管理者に連絡して削除を求める

自分で管理しているブログなどのサイトなら、書き込んだ内容を自分で自由に削除できます。ツイッターなどのSNSでも、自分自身で投稿した内容の削除は自由です。

これに対し2ちゃんねるなどのネット掲示板の場合には、自分の投稿であっても削除できないケースがあります。その場合には、サイト管理者に連絡を入れて削除を求めなければなりません。

ただ削除依頼をしても、必ずしも削除に応じてもらえるとは限りません。削除の必要がない、ガイドラインに抵触していないと判断されて投稿が放置される例も多々あります。

 

3.仮処分によって削除させる

自分で書いた投稿を消したい場合には、一度弁護士までご相談下さい。

まずは弁護士が問題の投稿内容を見て、第三者の権利を侵害するものかどうか、また投稿者に不利益をもたらす可能性があるものかを判断します。

早急に消した方が良い性質のものであれば、裁判所に仮処分を申し立てることによって削除命令を出してもらう方法を検討します。2ちゃんねるなどのネット掲示板の運営会社も、裁判所からの仮処分命令には従うので、仮処分命令が出たら投稿を削除できます。

自分の管理サイト以外のサイトに投稿をして不安を感じておられるなら、1人で悩まずに、一度弁護士までご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー